83rd Education Seminar - 第83回勉強会

Japanese Language Education Seminar
83rd BNK education seminar

ベルギー日本語教師会第83回勉強会 日本語教育セミナー

   「行動中心主義における評価を考える」

 

日時:2014年 2月 21日(金) 10:00-16:30
February 21st , 2014 Friday 10:00-16:30

 

於:
ルーヴァン・カトリック大学 文学部 
Place:
Katholieke Universiteit Leuven
http://www2.arts.kuleuven.be/situering

主催 Organiser:
ベルギー日本語教師会
BNK (Berugii Nihongo Kyoushikai, v.z.w. Belgian Association of Japanese Language Teachers)

協力 in collaboration with:
ルーヴァン・カトリック大学文学部・Katholieke Universiteit Leuven, Faculteit Letteren

支援 supporting:
国際交流基金  The Japan Foundation

講師 Lecturer:
篠崎摂子先生(国際交流基金パリ日本文化会館 日本語教育上級専門家)
Ms. Setsuko Shinozaki (The Japan Foundation,Paris)

 

趣旨 :
2013年7月に開催した欧州日本語教師研修会(通称アルザス研修会)「行動中心主義における評価」の概要をご紹介したうえで、同研修会で担当した以下の内容を取り上げます。
1.「産出活動」
この講義では口頭での産出(スピーチ)と書面での産出(作文)の評価を取り上げます。皆さんの実践も紹介していただきながら、学習者が産出したものをどのように評価していくかを考えます。
2.「言語能力(言語知識)」
行動中心主義における評価において、音声・文字・語彙・文法・社会言語的な適切さ等はどのような意味を持つのでしょうか。教育現場での評価の実際を振り返りながら皆さんと考えたいと思います。

 

プログラム:
9時30分~ 受付

10時~12時30分 「産出活動の評価」
~昼食~
14時~16時30分    「言語能力(言語知識)の評価」 

参加費 :  一般 20ユーロ 学生 10ユーロ ベルギー日本語教師会会員 無料
     (昼食費含みません)
申し込みは 櫻井直子Naoko.Sakurai@arts.kuleuven.be まで 締め切り2月15日